家賃支援給付金 申請 必要書類

お問い合わせはこちら

ブログ

家賃支援給付金 申請 必要書類

2020/07/13

家賃支援給付金 必要書類 相談

賃貸契約等証明書

いよいよ明日7月14日から、家賃支援給付金の申請がスタートします!

オンラインのみの受付ということで、一抹の不安を感じているのは私だけではないかもしれません。

初日にサーバーダウンとかはもう避けてほしいですね・・・

 

今回の申請書類は、持続化給付金と重複するものが結構あります。

ただ、売上の減少については家賃支援給付金は今年の5月以降なので、4月分以前で持続化給付金を申請されている方は5月以降に

改めて条件に該当するかチェックしてください。

 

家賃支援給付金の添付書類でポイントになるのが、賃貸契約等証明書です。

賃貸借契約書で2020年3月31日現在において、有効な賃貸借契約であることが読み取れない場合に、この書類が必要に

なります。

例えば、2019年1月1日から2年間の賃貸借契約をした場合は、2020年3月31日や申請日時点で契約期間内なので

賃貸契約書で申請可能です。

一方で、2010年1月1日から2年間の賃貸借契約をした場合は、2012年1月1日の更新時において「覚書」等を交わしていないケースがほとんどだと思います。

 

覚書等がなければ↓の証明書が必要になります。

 

賃貸人と賃借人の「自署」となっていますので、賃貸人の欄を賃借人の方が記載しないようお願いします。

給付金の審査や事後の調査に備えるためにも、お手数ですが賃貸人や管理会社を通して自署してもらうよう早めに

ご準備ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

賃貸契約等証明書

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。