持続化給付金 税理士 証明

お問い合わせはこちら

ブログ

持続化給付金 税理士 証明

2020/06/29

持続化給付金に係る収入等申立書

本日6月29日より、持続化給付金の対象者が拡大された方の申請が始まりました。

拡大された対象者は、①業務委託契約等での収入がある方や②本年創業された方です。

 

添付書類を見ると、 ①の方は「国民健康保険の保険証」

          ②の方は「開業届(本年5/1以前に提出したもの)」がいるようです。

 

①の方の場合は、扶養に入っている方は世帯の生活を支えるメインの収入=事業ではない、という考え方かもしれません。

②の方の場合は、給付金狙いで遡っての開業届はあかん、というまともな不正防止策かなと

思っています。

ホントにようやくまともな対策を一つ考えたなと思いました・・・

 

なお、本年創業の場合は、収入の証明にあたり税理士の証明が必要になるようです。

当事務所では、売上台帳等の原始書類を確認の上、証明書を作成いたします。

作成料として3万円+消費税を予定しております。

 

業務委託契約を結んでいる方の給付金申請の相談もさせていただいております。

お気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。