持続化給付金 申請手数料

お問い合わせはこちら

ブログ

持続化給付金 申請手数料

2020/05/17

持続化給付金 申請手数料

5/1から受付が開始された持続化給付金について、「高額」な申請手数料で代行する業者がいるようです。

例えば・・・「給付金の10%相当」や「顧問契約有なら3万円~ 無ければ5万円~」などなどです。

経営者にとっては、雇用調整助成金、小規模事業者持続化補助金、持続化給付金など連日のように報道されるので、

どれも書類が多い、給付が受けられるかも分からない、というイメージを持たれている方も多いと思います。

 

税理士と社労士の私からすると、雇用調整助成金と比べたら持続化給付金はシンプルで手続きも簡単です!!!

休業協力金の類もそうですね。そんなに難しくないです。

 

これで手数料で稼ごうというのがいかがなものかと思います。

 

本当に受け取るべき方に給付額がそのまま届くのが制度の趣旨なのに、申請代行の業者に手数料を支払っていたら

何のこっちゃということになります。

→そもそも制度が複雑、書類が多いということが前提で、そこは如何ともしがたいのですが

 

私の事務所では顧問契約の有無にかかわらず、コロナ関連の給付金や休業協力金、助成金の相談・申請支援をさせてもらいます。

給付金や協力金は相談料のみでお手伝いさせてもらいますので、お気軽にお声がけください!

顧問税理士が3月決算申告で忙しく話を聞いてくれない、手伝ってくれないという方もお気軽にご連絡ください!

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。